子供が自転車で人にケガをさせた時の賠償金は??

自転車と子供というと、子供が事故にあってケガをするケースばかりが気になっていませんか?

もちろん、自分の子供がケガをする心配をするのは親として当然です。

しかし、自転車は時には凶器にもなり人を傷つける恐れもある事をご存じですか?

自転車で人身事故を起こした場合は?

賠償金

まず、こちらのニュースをご存じですか?

当時小学校5年生だった少年(15)が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40)に約9500万円という高額賠償を命じた。

※出典:産経WEST
『母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…』より

なんと、賠償金9500万円です。

こんな金額を請求されたらとてもじゃないけど払えないのが現実ですよね。

このニュースのように子供が自転車で人身事故を起こす場合もある事をみなさんは意識していましたか?
私は少なからず、このニュースを見るまでは意識したことはありませんでした。

どちらかというと、子供が事故にあうケースばかりを思いついていました。

この事故の内容ですが、
当時11歳だった少年が帰宅途中でライトを点灯してマウンテンバイクで坂を下っていたところ知人と散歩をしていた女性に気付かず正面衝突し、その時に女性が頭を強打し一命は取り留めたものの意識は戻らず4年以上すぎた今でも寝たきりの状態との事です。

つまり、自転車で人身事故を起こし重度の障害を相手に負わせた賠償金の金額です。

気になる賠償金の内約については、以下のとおりです。

  1. 将来の介護費約3940万円
  2. 事故で得ることのできなかった逸失利益約2190万円
  3. けがの後遺症に対する慰謝料2800万円

自転車の事故ですが、内約は車での事故と大差はありません。

自転車は凶器になる

自転車が凶器になるというイメージはあまりもっていない人が多いのではないでしょうか?

一般的に自転車の速度時速でいうと10~15km程度です。
このスピードでも正面から人にぶつかればお互いにケガをする可能性は十分あります。

しかし、先ほどのニュースでは坂を下っている時に起きた事故でした。
自転車が坂を下るときは普段の倍以上の速度がでます。

簡単にいうと原付バイクなみの速度がでています。

そんな状態で人にぶつかれば・・・

想像がつきますよね?

自転車人身事故

ぶつかった本人も、ぶつけられた人もタダではすみません。

特に子供は怖いものしらずなとこもあるので、ものすごいスピードで下っている事が多いです。

これは旦那さんに一度聞いてみてください。
『子供の頃に下り坂でどれくらいスピードがでるか試した事がある?』と聞けばほぼ100%の人があると答えるのではないでしょうか?(笑)

そんな私も限界までチャレンジした経験があります(笑)
まあ、私の場合は1人で勝手に転んで体中に擦り傷を負う程度で済みましたが・・・

話が少しずれましたが、このように自転車は時には凶器になり人を傷つける可能性を持っています。

便利な道具ほどこのような面をもっていますよね。
ハサミとか掃除機とか、日常で普段なにげなく使っているものは十分凶器になり事故を起こす可能性があるという事を考える必要があります。

実際に自転車での人身事故で賠償金が請求されるケースは多いのか?

自転車携帯

次に気になるのが、今回のようなケースがどれくらいあるのかですよね。

横浜市金沢区で携帯電話を操作しながら、
無灯火で自転車を運転していた女子高校生が女性に追突した事故では、
女性は歩行困難になり、看護師の職を失った。
横浜地裁は17年11月、女子高校生の過失を認め、
5千万円の支払いを命じた。

また、大阪地裁が8年10月、
夜間に無灯火で自転車を運転していた男性が、
短大非常勤講師をはねた事故で、
男性に損害賠償2500万円の支払いを命じるなど、
自転車事故による高額賠償命令は以前から出されている。

※出典:産経WEST
『母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…』より

上記にように多数ではありませんがケースとして確実にあります。

相手にぶつかった際に頭を強打すると障害が残り、今回のような高額賠償金を支払わないければいけないケースになる可能性が高そうですね。

高額賠償金をどのように支払えばいいのか?

事故が起きたあとからでは正直、弁護士などに相談するしかないと思います。

なのでこのような事故が起きないよう、
普段より注意をしておくはもちろんの事、最近では自転車保険などもあるので検討をしてみてもいいのではないでしょうか?

また保険に加入するにあたっては、加入時期をしっかり考えて加入するようにしましょう。

注意力もしっかりしていて、自分でしっかり判断ができる大学生の子供をこういった保険に加入させるのは正直あまり意味がないと思います。

保険は保険です、いざというときをカバーする保険です。

保険貧乏にならないように、
必要な時期になにかがあった時にそのお金をカバーしてくれるようきちんと保険を選択しましょう。

自分で選ぶのが難しいなら、無料のファイナンシャルプランナー相談や、いくつか資料を取り寄せてパンフレットをしっかり読み込むだけでもどういった具合に保険を選べばいいのかわかります。

もちろん、こういった事故が起きないのが一番いいですがなにが起きるかわからないのが現実です。
いざというときにしかるべき対応を素早くできるように不安の対策はしっかりしておきましょう。

そこでですがあなたは生命保険には入っていますか?
事故を起こす加害者ではなく被害者になる可能性も十分にあります。

小さい子供や養う人がいる場合は、
リスク対策をしておかないといざというときに家族が露頭に迷ってしまいます。

以下の記事は実際に私がファイナンシャルプランナーに保険の相談をした記事となります。
日々の保険代も正しく選択できれば節約につながっていきます。

生命保険には入るべきか?

予測できない事態も保険をしっかりプロと選び、
不安を少しでも解消できるようにマネーリテラシーを高めましょう!!

このページの先頭へ