旦那はガン保険に入るべきか?!

ガンそれはある日、突然申告されるかもしれません。

もちろん、治療で回復する事も多々ありますがそのすべてを貯金などで支払えるのでしょうか?

一家の大黒柱である旦那さんが、ガンになる前に保険は入るべきなのか?

旦那がガンにかかる確率

医者

まずは、日本人男性のガンの羅漢リスクについて知っておきましょう。

まず以下のような表があります。

男性 女性
~39歳 0.7 1.7
~49歳 1.2 2.9
~54歳 3.9 6.3
~59歳 6.9 8.5
~64歳 11.4 11.2
~69歳 17.7 14.4
~74歳 2.6 18.5
~79歳 34.5 23.0
~84歳 41.8 27.8
生涯 51.2 38.5
確率⇒ 2人に1人 3人に1人

この表をみてもらうとわかるとおり、ガンになる確率が上がるのは50歳を過ぎてから上がっていきます。

ガンになる確率は以下となります。

  • 49歳までは男性2.2% 女性は4.4%
  • 59歳までは男性6.9% 女性は8.5%

年をとればとるほどかかる可能性が高くなっていますよね?
ですが、若いうちの羅漢率はかなり低くなっています。

特に男性は69歳をすぎたあたりから非常に高くなっています。
しかし、もしあなたに子供がいるなら69歳でかかっても子供は独立してるので特にお金の心配は不要だと思われます。

確率が低ければ旦那はがんにかからない?

病院

確率が低いから大丈夫だろうと思っているあなた。

ガンは怖い病気です、色々な治療法が確立されてきているとはいえ死亡率はやはり高いままです。
大事なのは子供が小さいうちなどにガンにかかるリスクを考慮すべきという事です。

ガンというと入院がメインと思っていませんか?

たしかに入院であれば医療保険の加入である程度フォローする事は可能です。
医療保険には入るべき?

しかし、ガンの治療は実は通院がメインになる事が多いのを知ってますか?
実は病院はベット不足などの問題もあるので、通院で問題ないと判断された場合は通院になります。

ここで大事なポイントです。

入院は医療保険が適用されます。
ですが、通院では適用されないケースがほとんどです。

もちろん、通院でも適用してくれる医療保険はありますが、一般的ないわゆる『入院1日一万円』のタイプでは対応してないケースが多いので注意してください。

どういう人がガン保険に入るべき?

これは人によってケースが異なるのでなんともいえませんが。

まず自分の置かれている状況を考えましょう。

自分が大黒柱なのか?

子供がいるのか?

その子供は何歳なのか?

いざという時に奥さんは大黒柱になれるのか?

治療に必要なたくわえがあるのか?

上はあくまで例です。

あなたにはあなたの理由があるので、まずはそれを書き出しておきましょう。

そしてその状態になったときに解決ができるのか?

ここで解決ができない場合は、保険でカバーできるのかを考えるようにしましょう。

またガンに関してですが、親戚など血縁でガンにかかった人が周りにいるか必ず確認しましょう。
遺伝なのかわかりませんが、血縁で同じガンになる事は多いです。

実際に私の母の血縁は、肺ガンで亡くなっている人が何人かいます。
父のほうの血縁の死因の原因は老衰なので、私の場合はガンにかかる血的な要因は半分半分ですかね。

そんな私もプロフィールに書いてあるように嫁と猫を養っているので、ガン保険に入っています。
もちろん、通院にも対応してくれるものですね。

子供はまだいないのですが、やはり私に万が一があったときように入っています。
ちなみに入っている保険のメーカーはなんとSECOMです。

SECOMというとホームセキュリティのイメージが強いですよね?
実際に私もそのイメージしかありませんでした。
こちらの記事で保険の相談をプランナーさんにした際に紹介してもらって入りました。
生命保険には入るべきか?

それまでは、ガン保険には入っていなかったのですがプランナーさんの具体的な話と保健選定のおかげでいい保険を選べたと思っています。

医者全体

やっぱり自分で調べてわからない事はプロに聞くのが一番はやいし、なにより自分が思いつかないようないい保健を探してきてくれるのがうれしいですね。

ケチくさいかもしれませんが、無料ってところも気軽に相談できる理由ですね。
まあ、契約したらプランナーさんに少しは報酬は入るのでしょうが、親身になってくれるのでそのお礼と思えば一石二鳥ですね(笑)

保健はあくまで貯蓄がなく、予期せぬ時に対応するためのものです。
ですので自分のライフスタイルをきちんと把握し選ぶ事が大切です。

月々の固定費になるので、賢く選んで節約しちゃいましょう!

以下のリンクから無料でファイナンシャルプランナーと相談ができます。
もしよければどうぞ!
みんなの生命保険アドバイザー

保険マンモスの無料保険相談

このページの先頭へ