冷凍保存をうまく利用して月一万円も得をする。

冷蔵庫の冷凍機能が進化してきたことで、いまや家庭の食卓は冷凍食品だけで十分彩りのある食事ができるようになってきました。

そんな我が家も冷凍食品にはお世話になっていますが、なにげに出費になりますよね。

そこで今回の知恵袋は、冷凍保存をうまく利用して月一万円近くも得をする節約術です。

冷凍保存をうまく利用して月一万円も得をする。

おかずはまとめて作って冷凍保存する

スーパーなどで出来合いの総菜を買うとだいたい一品300円くらいはしますよね?

仮に毎日300円の惣菜を買った場合、年間でなんと10万円近くも使っている事になります。。。

ではそれを材料費が100円のものに置き換えるとなんと年7万円もお得になります。

おかずはまとめて作って冷凍保存する

しかも材料費は、まとめて作れば作るほど安く買えるので、作るときは多めに作って小分けで冷蔵保存をすると時間もお金も節約できるのでお勧めです。

ちななみにうちでは、『きんぴら』や『から揚げ』などを多めに作って冷凍保存をし、私のお弁当に使ったり食卓の惣菜として食べています。

さすがに作り立ての味を維持はできませんが『保存ができるものはおまとめ購入で得をする。』で紹介したお米のおかげでばっちりご飯が進みます(笑)

ご飯もまとめて炊いて冷凍保存する

ご飯もまとめて炊いておき冷凍保存する事で時間の節約ができます。

ご飯もまとめて炊いて冷凍保存する

普段の昼食時におにぎりなどを食べている人、食堂でランチを食べている人。

食堂で普段ランチを頼む人はおかずだけ頼めるなら、ごはんは朝に炊けたものや冷凍したものをチンしてタッパに入れてもっていくだけでけっこうな節約になります。

だいたい食堂などではライスは100円ほどなので20日、家からごはんを持参するだけで2000円も得をします。

おにぎりなどを普段食べている人も、先ほどの冷凍総菜と一緒にタッパに入れて簡易お弁当にするだけでおにぎり3個300円として、簡易弁当にすると150円も原価はかからないので月に3000円も得をします。

年間にするとごはん持参で24000円も、おにぎりを簡易お弁当にするだけで36000円も得しちゃいます。

完全にお弁当にしちゃえば、月一万円近く得する事になりますね!

我が家は基本、冷凍総菜を使ってお弁当を作ってもっていっています。

お弁当じゃない気分のときも、ご飯を持参してラーメンや惣菜を注文するのでかなりお得に昼食を食べれています。

野菜を長持ちさせる冷凍保存方法

冷凍総菜に加え、野菜なども安いときに大量に購入してうまく冷凍保存して得をしちゃいましょう。

野菜を長持ちさせる冷凍保存方法

水分の多い、キャベツやレタスなどは解凍後にべちゃっとしてしまい冷凍保存には向いていませんので注意してください。

食材名 冷凍保存方法
トマト ざく切りにし、フリージング袋に入れて冷凍保存する。凍ったままスープにいれたりピザなどに使えます。
ほうれん草 さっと茹でて冷水で絞めて水気を切って、フリージング袋で保存する。炒め物やそのまま解凍しておひたしにする。
大根 おろしてラップで小分けにして保存する。自然解凍し焼き魚の付け合わせに使う。
じゃがいも 加熱してマッシュにして保存する。使うときは自然解凍でコロッケなどに使う。
ピーマン 好きな大きさにカットして、調味料なしでさっと炒めてフリージング袋に入れて保存する。凍ったまま炒め物やスープに入れて使えます。
エノキやしめじなど 石づきは切って、洗わずに汚れをとる程度でフリージング袋に入れて保存する。凍ったままで使えます。
人参 生のまま輪切りにしフリージング袋で保存する。炒め物などに使うときはレンジで解凍して水気は切って使う。
かぼちゃ 好きな大きさにカットしフリージング袋に入れて保存する。使用するときは凍ったままで使えます。

ぜひうまく冷凍保存を取り入れて、月一万円近く得をしちゃいましょう!

さらにもう一工夫してみてはどうですか?
あれをやめたら月一万円も得をする??

このページの先頭へ